キャバ嬢のマル秘営業テク!独身客か既婚客かで対応を変えよう

2019-11-12 キャバクラ

  1. 営業のグイグイ具合
    1. 独身客は、グイグイ来られると喜ぶ
    2. 既婚客には、少し下がった営業が望ましい
  2. おねだりの金額
    1. 独身客はわりと高値のものが買える
    2. 既婚客におねだりするなら安値のもので
  3. メールの頻度
    1. 独身客には、24時間いつでもメールを送って良い
    2. 既婚客には、仕事の時間のみメール可能
  4. 独身客、既婚客に分けたキャバ嬢のマル秘営業テク まとめ
キャバクラでの接客は、お客さんごとに対応を変えなければならないので、なかなか難しいですよね。

例えば、ノリを求めているお客さんにしっとりした会話を提供しては、「求めているものと違うな」と二度と来店してくれないかもしれません。

また、しっとり飲みたい気分でいらっしゃったお客様に対して、「飲め飲め☆イエーイ!!」のようなノリで接客しては、「女の子チェンジしてくれませんか」と担当を変えられてしまうかもしれません。

このように、お客様ごとの「ニーズ」を瞬時に把握しながら、オーダーメイドでそれぞれに最適な接客をするのは、とても難しいこと。
歴戦のキャバ嬢でも、100%すべてのお客様を満足させるのは、なかなかハードルが高いはずです。

しかし、すべてのお客様を一定以上に満足させるコツが、実はあるんです!
それは、「独身客」「既婚客」に分けて対応を変えること。

お客様のニーズを的確に把握しなくても、「独身客」か「既婚客」かに分けるだけで、一定レベル以上にご満足いただけますよ!


営業のグイグイ具合

営業のグイグイ具合

キャバ嬢という仕事の性質上、接客の間も「営業」は切っても切り離せません。

楽しくトークをしながらも、「どうすれば私を指名してもらえるかな」「さりげなく連絡先を聞き出すには・・・」など、頭の中で様々な計画を練っているのではないでしょうか。

その「私を選んでほしい!!」という気持ちが強ければ強いほど、無意識にお客さんにグイグイと行きがちです。

でも、キャバ嬢がグイグイと来て喜ぶのは、実は独身客だけなんですよ。

独身客は、グイグイ来られると喜ぶ


独身客は、キャバクラに「本気の恋愛」を求めに来ています。
「頑張って指名を続ければ、もしかしたら俺に振り向いてくれるかも・・・」と、淡い期待でありながら本気の熱意で来店しているのです。

だから、あなたのほうからグイグイと営業すれば、とても喜びます!
「私あなたのこともっと知りたい!また私に会いに来てくれますか?私も会いたいから」なんて言われたときには、お客さんは「うん、また来るよ♪」なんてイチコロでしょう。

既婚客には、少し下がった営業が望ましい


しかし既婚客の場合は、少し話が違ってきます。

グイグイ来られても、困るだけ・・・。
あなたがもし「また会いたいです!」と熱意を持って伝えたとしても、お客さんは「う~ん・・・店に来たいのはやまやまなんだけどさ、あまり頻繁に遅く帰宅すると、奥さんがうるさいからさ」なんて、逆にテンションが下がってしまうのです。

既婚客の場合は、少し下がった営業をしましょう。

「私はまた会いたいと思っているけれど、家庭がある以上、簡単には来店できないですよね。でも私はいつでも待ってますから、仕事が早く終わったときに1時間だけでも顔を出してくれたら嬉しいです」・・・という感じで、一歩下がった奥ゆかしい営業をするのがおすすめですよ。

おねだりの金額

おねだりの金額

あなたのバースデーイベントや、あるいは同伴前に一緒にショッピングをするとき。

「あれ欲しいんだけど☆」なんて、かわいくお客さんにおねだりをすることもあるでしょう。

実はおねだりの金額も、独身客と既婚客によって分けたほうが良いんですよ。

独身客はわりと高値のものが買える


独身貴族」である独身のお客さんは、自分のお金の用途を自分で決めることができます。

好きなものがあったら、わりとポンとその場で購入してしまうことも多いはず。

だから、独身客にはわりと高価なおねだりをしても、聞き入れてくれやすいんです!

数万円するようなバッグも、「一年前の今日に初めて来店してくれた日だから」「私の誕生日だから」なんてもっともらしい理由をつければ、「分かったよ。しょうがないなぁ」と彼氏気分でポンと購入してくれることでしょう。

既婚客におねだりするなら安値のもので


独身客とは対照的に、既婚客は「貯金」がどうしても必要です。

家のローンは何十年と残っていますし、子供のための学費も貯めておかなけばなりません。

そのため、いくらあなたとの付き合いが長くても、高価なおねだりは聞き入れてもらいにくい傾向があります。

「え・・・いやこのバッグは無理だよ・・・俺、1ヶ月の小遣い2万円しかもらってないし。ここで使っちゃうと、昼食代がなくなる・・・」など、小遣い制限を理由に、一世一代のおねだりを拒否されてしまうこともよくあります

もし既婚者におねだりをするなら、数千円程度で購入できるものにしてあげてくださいね。

メールの頻度

メールの頻度

キャバクラ退勤後も、キャバ嬢の「営業」は続きます。
プライベートの時間を費やして、「今日来て」「明日来て」と、来店予約を頑張っていることでしょう。

指名率アップを目指すなら、ここでも独身客と既婚客で対応を変えてくださいね。

独身客には、24時間いつでもメールを送って良い


自由時間が多い独身客には、24時間いつでもメールを送ってOKです。

朝や夕方など、在宅の時間はもちろん、仕事中だと思われる時間も「今からお昼食べるよ~」「今日はショッピングに来ました!」など、まるで彼女のようにメールを送信してあげましょう

「仕事で失敗したけど、君からメールをもらったら元気が出たよ。頑張るね」なんて言ってもらえた日には、永久指名が確定ですね。

既婚客には、仕事の時間のみメール可能


家庭がある既婚客は、家にいる時間には連絡をしないようにしましょう。

たとえ「キャバ嬢」と「客」の関係でやましいことはないといえど、女性からのメールを受信している、という時点で不愉快になる奥様は多いですから。

仕事の時間のみメールを送るようにすれば、「気遣いができる優しい子」だと思ってもらえるはずですよ。


独身客、既婚客に分けたキャバ嬢のマル秘営業テク まとめ


独身客、既婚客に分けた営業テクニックをご紹介しましたが、いかがでしたか。

この記事を参考にすれば、「誰にでも喜ばれる接客」が提供できるはずですよ!

ぜひ、今日から実践してみてください。

また、接客に関する記事をたくさん載せています。
合わせてコチラも参照してみてください。
follow me

クリアジョブマガジンの公式Twitterを開設しました!是非フォローしてくださいね♪

Twitterでフォローする
LINEお問い合わせ

お仕事、店探しのお悩み、その他ご質問がありましたら何でもお気軽にご相談ください。
クリアジョブの運営がしっかりとサポートさせて頂きます!

LINE@で相談する
よく読まれている記事
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
エリア