キャバ嬢になった後に彼氏とうまく関係を続ける方法10

2018-09-11 キャバクラ

  1. 1.仕事とプライベートをしっかり線引きする
  2. 2.お客さんの話題は極力出さない
  3. 3.シフトを擦り合わせる努力を怠らないように心がける
  4. 4.お客さんと恋人を比較したりしない
  5. 5.なるべくアフターにはいかないように心がける
  6. 6.浮気をしない
  7. 7.気遣いを忘れない心を持ち続ける
  8. 8.好きだとちゃんと言葉で口にする
  9. 9.嫌なことは嫌だと小出しで伝える
  10. 10.彼にお金がないからと言って、甘やかし過ぎない
  11. そもそも彼氏に正直に言うべき?言わないべき?
    1. キャバ嬢であることを隠す事で得られるメリットとデメリット
    2. キャバ嬢であると打ち明ける事で得られるメリットとデメリット
  12. 3つのことを意識する
キャバ嬢になる原因は人によって様々。
お金が欲しかったり、キャバ嬢という仕事そのものに憧れたりと、始めるきっかけはそれぞれ違いますが、働くと決めた以上は続けていきたいですよね。

キャバ嬢とは、異性の隣に座ってお酒を呑むお手伝いをするお仕事。
あくまでお酒を嗜む大人の社交場なので、脱いだりみだらな事をする訳ではありませんが、お触りをしようとする困ったお客さんも中には存在します。

それもあって、恋人がキャバ嬢というのは男性からすると、時に悩んでしまう原因にもなるようです。
キャバ嬢とは、アイドルのように恋をしないものなのでしょうか?

いいえ、私が知る限りそんな事はありませんし、キャバ嬢だからといって、彼氏がいないなんて事はありえません。
むしろ色々気疲れする事の多い職業だからこそ、異性に癒しを求めて恋をしていたり、彼氏がいたりする人が多いという印象があります。

しかし、ひとりの恋人と関係が長続きするかというとまた別問題。
昔に比べればだいぶ減ってきたとはいえ、水商売に対してまだまだ偏見が根強くあるのも事実です。
キャバ嬢が恋人とうまく続かないのには、やはりキャバ嬢という仕事が関係しているのかもしれません。

せっかく好きになって付き合った相手なら、なるべく長く付き合っていたいですよね。
どうすれば、キャバ嬢を続けながら恋人とうまく関係を続ける事ができるのでしょうか?

今回は、キャバ嬢になった後に彼氏とうまく関係を続ける為の方法を10個、ご紹介したいと思います!

1.仕事とプライベートをしっかり線引きする

ONとオフ
恋人と一緒にいるのにそばにいるのに蔑ろにして、延々とお客さんとラインをしていたら、どんなに仕事だとしても面白くないと思う男の人が大半です。
連絡を取るのが仕事だとしても、ずっと生返事や、食事中もスマホから視線を離さないじゃ、やり過ぎと言えます。

プライベートが仕事にのまれてしまっている状態が続くと、やっぱり恋も長続きしません。
恋人とデートをしている時はデートを楽しむ事に集中したりなど、プライベートの時はプライベートを優先するように心がければ、彼氏もあまり不安にならずに済むと思います。


同棲していたり週の内に会う回数が多い場合は、一緒にいる時に全くお客さんに連絡をしないと言うのも難しいと思うので、「20分だけ返事を返すね」と、時間を予め宣言してすると良いですね。

2.お客さんの話題は極力出さない

ベンチで会話するカップル
どんなに相手が良いお客さんだったとしても、彼女が他の男を褒めるのはあまり嬉しくないんです。

特にキャバ嬢にとっての良いお客さんは、金銭的に裕福な人が多い為、そんなつもりでなかったとしても自分と比べられたと感じて機嫌が悪くなる男性も多いようです。
キャバクラで働いている事は受け入れられても、何をしているとか、どんな人と話してという話まで全て訊きたいかどうかは別です。

何も聞いていなければ、想像しなくて済みます。

どんなお客さんなのか、お店でどんな話をしているのかは彼氏の方から訊かれない限りは、自分からベラベラ話さない方がいいですね。

3.シフトを擦り合わせる努力を怠らないように心がける

スケジュール
彼氏が昼職で彼女が夜職だと、どうしてもお互いの活動している時間帯が合わずにすれ違ってしまう事があります。

特に、副業でキャバ嬢をしている人は、毎日忙しく、あまり空いている時間がありません。
だからといって、彼氏の方にばかりシフトを合わせてもらって、そしてそれが当たり前になってしまうと、彼氏にとってはそれがいずれ負担になります。
彼が「俺ばかりいつも合わせてる」と、不満を溜め込んでしまわないように、時には恋人に合わせて昼からデートに行ってみたり、どうしても会う時間帯が変えられないならせめて日にちを彼に合わせましょう。

どこかで持ちつ持たれつになるように意識していれば、「自分に会いたいと思ってくれている」彼女のその行動に、彼も安心すると思います。

4.お客さんと恋人を比較したりしない

NG
お客さんの話をされると面白くないのと同じで、お客さんと比較されて嫌じゃない男性はいません。
誕生日イベントなどで、お客さんが高額なものをくれたとしても、恋人にまでそれを求めてしまうのはやり過ぎ。

お客さんと恋人は違います。 恋人から全部貰おうとすると、うまくいかなくなってしまう事もあります。

「◯◯さんなら、絶対お店の予約しておいてくれるのに」

この程度の発言でも修復不可能になってしまう位、男性は繊細な生き物なんです。 デリカシーのない男は嫌われますが、女性も同じです。

相手にもプライドがある事を受け止めて、お客さんと比較せずにして欲しい事はなるべく簡潔に伝えるように心がけましょう。

5.なるべくアフターにはいかないように心がける

アフター
同伴までは許せても、アフターとなると心配だという男性はちらほら見かけます。

同伴はその後お店に飲みにいくという契約ですし、同伴をする事でポイントやノルマを達成できるメリットがあります。
その一方で、アフターはいつ終わるか分からない上に、その後お店に行く訳でもなく基本的にキャバ嬢のサービス残業に近い部分がありますよね。

その為、アフターに行くなんてそのお客さんに特別な感情があるのでは?という点で、つい男性は不安になってしまうようです。
なるべく心配をかけさせない為には、極力アフターにはいかないように心がければ、彼氏も安心するのではないでしょうか。

アフターにどうしても行かないといけない事情がある時は、お客さんと二人きりでない状況を作ったり、お客さんの前で溺酔しないなど、節度のある行動をとるといいと思います。

6.浮気をしない

浮気心
何があっても浮気はしてはいけません。
浮気が何か具体的に言うと、枕営業も含め、肌と肌を重ねる行為ですね。

キャバ嬢をしている事は受け入れられても、それ以上となるとまた話は変わってしまいます。 お客さんから病気をうつされるリスクもありますし、軽はずみな行動の結果で自分の将来も変わってしまう危険性もあります。

どんな事情があるにせよ好きな人に顔向けできない行為は、しないのが一番です。

7.気遣いを忘れない心を持ち続ける

気遣いの気持ち
人は誰かにやってもらう事に慣れてしまう生き物です。
しかし、いくら最初は好意で始めた事でも、全く相手から感謝をされなくなったらそれはそれで不満に思うのは仕方ありません。
例えば、デートの時に毎回迎えに来てくれていたり、重い荷物を持ってくれたりといった小さな行動でも、「ありがとう」と口にする事はとても大切な事です。

「私の事が好きならそれぐらいしてくれて当然」と、車を出してくれている彼の助手席で、アシストもせずにずっとスマホをいじり続けたり、居眠りを続けたりというような自分勝手な行動をし続けると、次第にそんな彼女の態度に恋心が冷めてしまうのです。

常にお互い様の心を持ち続ける事で、お互いを思い遣る事が出来ます。 お互い思いやりのあるカップルは長続きすると思いますよ。

8.好きだとちゃんと言葉で口にする

手をつなぐ
「付き合ってるんだから言わなくてもわかるでしょ」と、好きだという言葉をちゃんと口にして相手に言わないで付き合っていると、ケンカした時や気持ちがすれ違った時が大変です。

恋人同士でも、相手とは別々の人間です。
考え方も受け止め方も違うので、言わなくても伝わらない事があるのは当然です。
キャバ嬢は、異性との距離が近い仕事です。
出勤する度に新しい男性と顔を合わせる仕事だからこそ、彼氏に不安にさせてしまうという面は否めません。
心配をかけさせるからこそ、ちゃんと好きだと言葉にする事が大切です。

素直になる事で、彼も素直になれます。 好きだよと口に出して言われる事で、安心出来る事はたくさんあります。
積極的に好きだと伝えていれば、少しアフターで遅くなったとしても、「彼女は今仕事中で、好きなのは俺なんだ」と、彼も安心して帰りを待つ事ができます。

愛の言葉を言われて嫌な人はいませんよね。
なるべく言葉にして伝えるといいですね!

9.嫌なことは嫌だと小出しで伝える

NO
キャバクラで働いているからといって、いつも下手でいる必要はありません。
彼に対して嫌だと思った事は、嫌だとちゃんと言う事が大切です。

嫌だなぁと思いながら、仕事を負い目に感じて切り出せずに我慢していると、次第にそれが歪な関係になってしまいます。
不満を溜め込み過ぎて切り出せずにそのまま爆発してしまったら、仲直り出来ないケンカに発展してしまう事も……。

男性は女性とちがって、表情から察する事が苦手な傾向があります。 言わなくてもこれ位分かってくれると思わずに、嫌な事は嫌だと簡潔に伝えると良いでしょう。

そもそも、キャバ嬢の仕事を負い目に思うこと自体がナンセンスです。
キャバ嬢をしてるからといって、「付き合って貰う」必要はないんです。

いつも対等に話し合える関係であることを大事にしていれば、うまく関係を続ける事ができると思います。

10.彼にお金がないからと言って、甘やかし過ぎない

甘やかさない
キャバ嬢の中には、ホストやバンドマン、芸人といった、いわゆるお金がない夢追い人と付き合ってしまう人がいます。

全てのホストやバンドマンがダメとは言いませんが、それでも女性に奢って貰う事に慣れている人と付き合うと、ずっと奢り続ける関係性を強要されがちです。

キャバ嬢をしていてお金を稼げている間は関係を続けられても、彼と付き合い続ける為にキャバ嬢が辞めれなくなる事もあります。
そうなってしまったら、例え付き合っていたとしてもうまく関係を続けられているとは言えません。

必ずしもお金持ちの人と付き合う必要はありませんが、最低限自分のものは自分で買う事の出来る自立した大人と付き合った方が、キャバ嬢をしている貴方に依存されません。
そのほうが、長い目で見た時に長く付き合えるのではないでしょうか?


そもそも彼氏に正直に言うべき?言わないべき?

OK or NG

キャバ嬢であることを隠す事で得られるメリットとデメリット


キャバ嬢であることを隠す事で得られるメリットは以下の点です。

●メリット

・キャバクラで仕事をしている事で、生じる心配を相手にかけさせなくて済む
・異性トラブルが表面化しないので、嫉妬や束縛をされない
・水商売に偏見のある彼氏でも、仲良く付き合っていられる
・自分が水商売をしている事を仲違いした時や、別れた後に周囲に言い振らされない

●デメリット

・彼氏との予定をすり合わせる事が大変
・働いている事がバレた時に揉めてしまう可能性大
・隠す為に小さな嘘を重ねてついてしまい、大きな嘘に発展してしまうことも


キャバ嬢として働いていることを隠す場合に得られる大きなメリットは、自分の行動を恋人に制限されないという事にあると思います。 キャバ嬢として働く以上、同伴やアフターなどがあります。
その上、指名をとるためには営業でお客さんにメールや電話をしたりしなくてはいけません。

浮気のラインは人によってちがいます。
異性と二人で食事をしたら浮気だと捉える恋人にとっては、キャバクラで働く事そのものが浮気であり、裏切りになるんですよね。

少々ずるい考えではありますが、キャバクラで働いている事を相手に言わなければ、バレない限りは働いていないのと同じです。
彼氏がキャバクラで彼女に働いて欲しくないと思っている人と付き合っている場合、そもそもキャバクラ で働かないに越したことはありませんが、それでも働かざるを得ないなんらかの事情があるなら、別れずに付き合い続ける為にいっそ働いている事を隠すのも、時にはアリだと思います。

ただ、黙って働いている事が彼氏にバレた場合、かなりの確率で揉めます。 バレると同時に恋が破局を迎えてしまう事も、覚悟しなくてはなりません。

特に、働いている事を黙っておいた方がいいタイプの恋人は、情熱的に恋人を愛する傾向があります。
こちらの行動や言動をを良く観察している為、嘘をつくのは結構難しいです。

見抜かれなかったとしても、キャバクラで働いている事を隠す為に小さな嘘をつけば、最初は小さかった嘘が、積み重なるにつれて大きな嘘に発展してしまいます。
それが自分の中で罪悪感として心のしこりになり、結果的に交際がうまくいかない原因になったら、本末転倒だと思います。
しかしその一方で、キャバ嬢をしている事を周囲の人に対してオープンにしたくない場合、キャバ嬢である事がバレずに破局を迎えたら、そのまま後腐れなく別れられるメリットもあります。

やはり、働いている事を周囲にカミングアウトをする事は、誰かに話されてしまう危険性を伴う行為だと思います。

キャバ嬢であると打ち明ける事で得られるメリットとデメリット


●メリット

・受け入れてくれれば、一緒にいるだけで心が安らぐ
・彼氏に仕事の事で引け目を感じなくて済む
・自分の仕事に誇りを持つことが出来る
・働いている事を誤魔化す為に、無意味な嘘を付かなくていい
・仕事に対して理解を示してくれるので色々働きやすい

●デメリット

・彼氏を心配させてしまうかもしれない
・浮気などを疑われてしまうかもしれない
・そもそキャバ嬢という仕事を認めてくれなかったり、別れることになるかもしれない
・ケンカした時に働いている事を責められる
・彼氏の口から、友人や知人に漏れることがあるかもしれない


打ち明けて仕事を受け入れてもらえた場合、得られるメリットはやっぱり心が楽だと言うこと。

やはり自分の仕事を最愛の恋人に隠すのは、キャバ嬢という仕事に誇りを持って働いている場合、辛いと思います。
相手に言えない事をしていると思えば、それだけ自分の仕事に対して負い目を持ってしまいがちです。

また、キャバ嬢という仕事柄、夜の仕事に一切の理解がない人と付き合い続けるのは、正直至難の業です。

話しておく事で、相手にやましい事がないと立証する行動になり、それを誠実だとみなして信じてくれる男性も中にはいます。

ただ、働いている事を話しても信頼できる相手かどうかを見極めるのは大変だと思います。
普段は仕事に対して理解のある態度をしている人でも、ケンカの時にキャバクラで働いている事を責めて来る人も中にはいます。
友達にバラされて第三者の全く自分が関わりのない人にまで、働いている話が広がってしまえば、噂を消す事はほぼ不可能です。

枕営業をしてるというような根も葉もない悪質な噂が、尾びれがついて広まる事もあります。

ある意味、恋人に仕事を打ち明けるというのは、自分自身の心の強さとパートナを信頼しているかどうかが試される事と言えるでしょう。

3つのことを意識する

いかがでしたか?

キャバ嬢でも、恋人と長く交際が続いている人はいます。
交際を続ける為には、彼氏に甘え過ぎても甘え過ぎないのもよくないです。

キャバ嬢である事を黙るか、打ち明けるかは付き合っている彼氏の性格にも寄りますが、長く付き合って行くなら、仕事を隠し続ける道は険しいです。

嘘をつかないと続けられない相手なら、いずれうまくいかなくなります。

うまく自分の感情を出しながら、彼氏を思いやる気持ちも忘れずに持ち続けていれば、お互いにとって丁度いい塩梅を見つけられる筈です。

1. いつも素直でいる
2. 誇りを持って働く
3. 彼氏の事が好きだと言う気持ちをちゃんと行動で示す

最終的にこの3つを意識すれば、キャバ嬢も恋愛もどっちも両立して長く続けられると思いますよ!


次は、キャバ嬢がどんな人と付き合っているかについてまとめた記事です。
合わせてコチラも参照してみてください。

また、キャバ嬢と付き合うときに気をつけておくべきことについて載せた記事です。
合わせてコチラも参照してみてください。
follow me

クリアジョブマガジンの公式Twitterを開設しました!是非フォローしてくださいね♪

Twitterでフォローする
LINEお問い合わせ

お仕事、店探しのお悩み、その他ご質問がありましたら何でもお気軽にご相談ください。
クリアジョブの運営がしっかりとサポートさせて頂きます!

LINE@で相談する
よく読まれている記事
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
エリア