【キャバ接客で役に立つ】経営者との会話でライバルに差をつける!経営の基礎知識

2019-07-30 キャバクラ

  1. 経営者のお客さんにあたった時の本音は?
    1. 学ぶことが多くて話しやすい
    2. 正直何を言っているのかチンプンカンプン
  2. 経営者と会話をする際の注意点
    1. お金の話を極力持ち込まない
    2. 露骨なアピールをしない
  3. 経営の基礎知識
    1. どんなビジネスにするか
    2. 起業の仕方
    3. 会計の仕方
  4. キャバ嬢から起業するなら経営者とつながりをもつのもあり
あなたはキャバクラで働いている時、経営をしている人に接客をしたことはありませんか?
経営者というと何だか難しいイメージがありますが、案外そうでもないことが多いんです。
意外と話しやすい人が多いですし、知識も豊富なため話を聞くだけでだいぶ参考になることもあります。 また、キャバ嬢から起業したいという人は経営の知識を得たり、コネを得られるというメリットがあります。 では、経営者と会話をする際はどういったことを気をつければ良いのでしょうか?
また、経営者との会話で役立つ「経営の基礎知識」とはどういったものなのでしょうか?
詳しくご紹介していきたいと思います。

経営者のお客さんにあたった時の本音は?

本音を言うキャバ嬢
経営者というと自分たちよりもワンランク上の人みたいに感じてしまいますよね。
ではキャバ嬢が経営者のお客さんにあたった時の本音とはどういったものなのでしょうか?
詳しくご紹介していきます。

学ぶことが多くて話しやすい

起業したい、色々な人とお話をしたいと思っているキャバ嬢は「学ぶことが多くて話しやすい」といった本音を抱いているそうです。

確かに経営者って色々と知識が豊富ですし、成功するまでの道のりや失敗談とかも面白おかしく話してくれて、とても接客しやすいですよね。
経営者がどういったものがなのか、気になる人は色々質問してみてもいいかもしれません。

正直何を言っているのかチンプンカンプン

逆に「何を言っているか分からないから苦手」「カタカナ用語や難しい言葉ばかりで話が通じない」という意見もあります。
経営者といっても人間なので、様々なタイプがいます。
わかりやすく教えてくれる人、難解な用語を使いがちな人、相手のペースを配慮せず自分ばかり話してしまう人など。

「アジェンダ」とか「リテラシー」とか「リスケ」とか言われても何言っているかチンプンカンプンというキャバ嬢さんも多いかと思います。
ただ、言葉の意味を端的に覚えておけば、カタカナ用語ばかり出されてもノリでどうにかなるので、空いた時間にGoogleで調べておきましょう。

経営者と会話をする際の注意点

注意をアピールするキャバ嬢
経営者と会話をする際は以下のことに気をつけましょう。

お金の話を極力持ち込まない

当たり前ですが、お客様に対してお金の話は極力持ち込まないようにしましょう。
経営者は年収が高いと思われがちですが、毎回安定した収入を稼げるわけではありません。
「年収を聞かれた=自分のステータスが問われる」と無意識のうちに感じてしまい、大変失礼になるので、お金の話は極力出さないようにしましょう。

露骨なアピールをしない

経営者だからといって、露出度の高い服装で煽ったり色恋営業のようなメールなどでアピールをしないようにしましょう。
お客さんから「所詮はカネ目当てなんだな」と思われてしまい、固定客を確保できなくなってしまいます。

またヘルプに入った時に、経営者と分かって態度を変えたり頻繁なスキンシップもNGです。 先輩キャバ嬢の顔に泥を塗る事になりますし、お客さんにも失礼なので絶対にやらないようにしましょう。

経営の基礎知識

知識を得ようとするキャバ嬢
経営者のお客さんと会話をするときに役に立つ「経営の基礎知識」。
経営というとやや難しく感じますが、大まかなことを知っていればある程度話は通じます。
またこれらのことを覚えておけば起業するときにも役に立ちますので、ぜひ覚えておいてください。

どんなビジネスにするか

まず基本中の基本である「どんなビジネスにするか」。 会社を経営する上でなくてはならないものです。
キャバ嬢から起業をしたいと考えるなら、水商売の経験を活かしてスナックを経営したり、何か趣味や資格を活かしたいならそれに準じた会社を経営することが出来ます。

自分がつまらないと思うものをビジネスにしてもすぐに飽きてしまいます。
ですので、会社を作る際は「自分は何屋さんになりたいのか」をしっかり考えましょう。

起業の仕方

どんなビジネスにするか決まったら次は起業です。
起業の仕方は大まかに分けて3つほどあります。

一つは個人事業主として起業することです。
個人事業主とはいわば「1人社長」みたいなものです。
開業方法は比較的カンタンですが、業種によっては許可・認可・届出などが必要になります。
あらかじめ確認しておきましょう。

個人事業主は開業後1ヶ月以内に税務署に開業届を出す必要があります。
青色申告申請書も一緒に提出すると比較的スムーズになります。
費用もかからないため、一番手っ取り早く終わる方法といっていいでしょう。

二つ目は法人として起業することです。 会社を経営する際は法人登録をしなければなりません。

・公証人役場
・法務局
・税務署
・年金事務所
・労働基準監督署

この5つにそれぞれ必要な書類を提出し、手続きをしなければ会社を設立することができません。
若干面倒くさいですが、本気で設立したいならこの方法でやったほうがいいでしょう。
三つ目はフランチャイズ起業です。 フランチャイズとは加盟店が本部から看板や商品を使う権利をもらい、そのかわりに売上の一部を本部に支払うという仕組みです。
経営ノウハウ自体が体系化されているため、初心者でも比較的カンタンに事業を始めることが出来ます。
しかし、売上が下回ると自分の利益がなくなってしまったり、簡単に解約できないというデメリットもあるため、フランチャイズ起業をする際は慎重にしましょう。

会計の仕方

起業と同時にやっておきたいのが会計です。
会計と言うとやや難しいと思われがちですが、簿記3級レベルの知識があれば大丈夫です。 年に1回確定申告をする際に経費の計算などが必要になってくるため、あらかじめ覚えておくと良いでしょう。
自力で無理な場合は専門家に頼むという手もあります。
しかし、専門家に頼むと費用がかさむので、ある程度は自分で出来るようになっておいたほうが得です。
簿記3級自体は中高生でも出来るレベルで、受験費用もそこまで高くないため、空いた時間に勉強しておくといいでしょう。

キャバ嬢から起業するなら経営者とつながりをもつのもあり

今回は経営の基礎知識についてご紹介していきました。
キャバ嬢は永久的には続けられない職業。 いつかは独立したり、転職をしなければなりません。
1人でも生きていけるようにするなら、経営の知識を身に着けて経営者とつながりを持っておくのもアリです。
キャバクラは人脈をつくる宝庫でもあるため、今のうちからコネを作ったりしておくのもいいでしょう。 また、経営の知識を持っていれば太客を得ることも出来るので、ぜひやってみてくださいね。

合わせてこちらの記事もご覧下さい。
follow me

クリアジョブマガジンの公式Twitterを開設しました!是非フォローしてくださいね♪

Twitterでフォローする
LINEお問い合わせ

お仕事、店探しのお悩み、その他ご質問がありましたら何でもお気軽にご相談ください。
クリアジョブの運営がしっかりとサポートさせて頂きます!

LINE@で相談する
よく読まれている記事
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
エリア