キャバ嬢と客との、ありがちトラブル4選

2019-08-01 キャバクラ

  1. 指名替えにより、前指名キャストから恨みの連絡が
  2. 客から「金返せ」と要求される
  3. 客がストーカー化する
  4. 客の奥さんにバレて面倒臭くなる
  5. トラブルに遭遇したら落ち着いてまずは周りに相談
キャバ嬢の仕事は接客業ですから、お客様とのトラブルは少なくありません。

キャバクラ勤務経験が長くなっていくに連れて、経験したトラブルの数も多くなっていくものです。

ここではキャバ嬢が経験しがちな「客とのありがちトラブル」について、4つご紹介していきます。

いわば「キャバ嬢あるある」といっても過言ではありませんので、あなたが勤務しているときに「あっこれって、あの記事に書いてあったことだ」なんて、思い出すことがあるかもしれませんね。

そのときのためにも、よくあるトラブルについて、予備知識としてぜひ頭の片隅に入れておいてください!

指名替えにより、前指名キャストから恨みの連絡が

指名替えで席を離れるキャバ嬢

指名していたキャストから、別のキャストへ指名を変えること・・・これを業界では「指名替え」といいます。

指名替えは、必ずしも規則で禁止されているわけではないのですが、「できるだけ避けたほうがベターなもの」として、暗黙に認識されています。

なぜ指名替えを避けたほうが良いのかというと、「私のお客を盗ったわね!」なんてキャスト同士のトラブルになると共に、キャストと客の間でも揉める可能性があるからです。

新しく指名を受けたキャストはルンルン気分ですが、指名を外されたキャストはどうしても不愉快になります。 そのため前指名キャストが、お客さんに「なんで私を指名してくれなくなったの!」などと恨み節を言うことも珍しくないのです。

確かに指名を変えられると、女性としてだけではなく人間としての価値も否定されたようで、気分を害するものです。
例えば事前に、「君じゃなくて〇〇ちゃんに指名を変えるからね」と相談があったとしても、「わかった♪今までありがとう♪」なんてスンナリと受け入れることは難しいでしょう。

女に湧き上がる怒りや憎しみは、陰湿な形で表れます。 毎日延々と恨み節のメールを送り続けることもありますし、新しい指名キャストとの仲を邪魔しようと画策することもあります。

他に気になる女性がいたら乗り換えたくなるのが男性のサガではありますが、トラブルを避けるためにもぜひ我慢いただきたいところですね。

客から「金返せ」と要求される

金返せと要求させるキャバ嬢

また、客から「今までお前に貢いできた金を返せ」と迫られるパターンもあります。
例えば女の子が店を辞めたりすると、ショックでそのような連絡をしてくる客がいます。
あるいは偶然に、女の子が他の男性(他の男性客や彼氏問わず)と一緒に歩いているのを見ただけで、逆上して「俺のことが一番好きだって言ってくれていたじゃん!今までの指名料とかプレゼントに費やしてきたお金を返してよ」と言ってくることもあるのです。

キャバクラは疑似恋愛を楽しむ場所ですし、お金を費やしてきたのはそもそもお客さんの意思です。 ですからキャバ嬢にとってはこの上無く理不尽な要求なのですが、このようなお客さんがいるのが現実なのです。

客がストーカー化する

ストーカーされたキャバ嬢

トラブルとして少なくないのが、お客さんがストーカー化するということです。

お客さんが一人のキャストに入れ込みすぎて、家の前まで尾行してきたり、退勤を店の前で待機していたりするのです。

また、激しい恋の炎を燃やしながらも臆病な性格のお客さんだと、非通知の無言電話を延々と掛けてくることもあります。

仕事中だけではなくプライベートまで侵害してくるのが、とても厄介ですよね。 モテるのはキャバ嬢の素質がある証拠ですが、犯罪すれすれのボーダーラインまで来ると、恐怖を感じることでしょう。

対策としては、最初からプライベートな情報については嘘を付いておくことをおすすめします。
例えば、「〇〇町に住んでいます。駅からは徒歩5分くらいかなぁ。マンションの5階に住んでいるから、眺めがいいんですよ。スーパーも近くて買い物も便利で、いいところですよ
」・・・という簡単な情報だけでも、あなたの住む場所をかなり特定できるのでご注意くださいね。

また、仕事用とプライベート用に携帯を2台持ちしておけば、面倒臭いお客さんとの連絡が断ちやすくて便利ですよ。

客の奥さんにバレて面倒臭くなる

客の奥さんにバレて面倒臭くなるキャバ嬢

わりと珍しくないケースでは、お客さんの奥さんと連絡を取らなければならないこともあります。

例えば奥さんが、帰宅したご主人の携帯をたまたま見たときに、あなたからの「来てくれてありがとう☆また会いたいな」というメールを発見。

「どういうこと!浮気していたの?!」と怒り、ご主人のフリをしてあなたにメールを返してくることもあるのです。
電話番号が分かれば、奥さんがあなたに直接電話をかけてくることもあります。

もちろんキャバクラ通いは法律で禁止されているわけではありませんし、特に不貞行為でもないので、あなたは「ただの営業連絡」ということを真摯に説明すれば良いだけです。

しかし女性によっては、「キャバクラに行くこと=浮気」だと関連付けている方が少なくありません。
そのような場合は少々面倒臭い事態になりますので、場合によってはお店に連絡を入れて、仲介してもらうのが良いでしょう。

トラブルに遭遇したら落ち着いてまずは周りに相談

相談して落ち着くキャバ嬢たち

キャバ嬢と客とのありがちトラブルについて4つご紹介してきましたが、トラブルには色々な原因があることがわかりました。

キャバ嬢という仕事は、水商売という性質上、大なり小なりのトラブルがどうしても付きものです。
もしあなたがトラブルに遭遇した際は、一人で抱え込まず、信頼できる他のキャストやお店に相談してみるのも一つの方法ですよ。
キャバ嬢のトラブルについて、合わせてこちらもご確認ください。
follow me

クリアジョブマガジンの公式Twitterを開設しました!是非フォローしてくださいね♪

Twitterでフォローする
LINEお問い合わせ

お仕事、店探しのお悩み、その他ご質問がありましたら何でもお気軽にご相談ください。
クリアジョブの運営がしっかりとサポートさせて頂きます!

LINE@で相談する
よく読まれている記事
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
エリア