キャバクラ嬢が辞めてしまう理由を徹底解説。出戻り率が高い理由は?

2018-09-28 キャバクラ

  1. キャバクラの引退理由「ポジティブ編」
    1. 結婚や妊娠
    2. 目標である貯金額を達成
    3. 大学卒業
    4. 会社設立、自分の店
  2. キャバクラの引退理由「ネガティブ編」
    1. お金が理由で店を変える
    2. 体を壊して
    3. イジメ
    4. 心を病んで
    5. 面倒な客
    6. 年齢を重ねる
    7. キャバクラからソープやヘルスに流れたり
    8. 彼氏が「辞めさせろ!」
    9. 家族が「辞めさせろ!」
  3. キャバクラは辞めたあとに戻ってくる確率も高い
    1. キャバクラの出戻り率No.1は沖縄
  4. 近年増えている30代、40代、50代のキャバクラ嬢
    1. 需要がある熟女キャバクラ嬢
  5. ポジティブな気持ちで次へ
華やかに見えるキャバクラ嬢ですが、いつまでも夜の蝶で入れるわけではありません。
その寿命は非常に短く、数年で引退していくケースがほとんどです。
どうして彼女たちは、キラキラした魅力に溢れるキャバクラ業界を去っていくのでしょうか?

主だった引退理由をまとめてみました。

キャバクラの引退理由「ポジティブ編」

ポジティブな引退をお祝いする花束
仕事をやめるときも悪い理由があるとは限りません。ここではそんな辞めたキャバ嬢たちを応援したくなるようなポジティブな引退理由を紹介します。

結婚や妊娠

キャバクラ嬢も一人の女性ですから、運命の男性との出会いがあれば結婚して辞めていくことも多いです。

結婚してからも続けるキャバクラ嬢もいますが、そんなキャバクラ嬢も妊娠を機に辞めるケースも見られます。

お客さんからすると、贔屓にしていたキャバクラ嬢がいなくなるのは残念なことですが、これらはとてもおめでたい理由なので、祝福してあげたいところです。

目標である貯金額を達成

女の子達は、なぜキャバクラで働いているのか?

その理由は「お金」と答える人がほとんどです。
自分があらかじめ設定していた目標金額が貯金できたら、潔く辞めていくキャバクラ嬢もいます。
このケースも「頑張ったね!」と労いの言葉をかけて送り出してあげてください。

大学卒業

学生でキャバクラ嬢をしている場合は、学校卒業と同時に辞めていくことが多いです。

このケースは大抵の場合、昼の真っ当な仕事に就職していきます。

社会人としての第一歩を気持ちよく歩ませてあげましょう。

会社設立、自分の店

キャバクラで貯めたお金を元手に、会社を設立したり自分のお店を始めるキャバクラ嬢もいます。

キャバクラ嬢と社長業を兼任して続ける人もいますが、バランスが保てなくなると社長業に完全シフトチェンジするケースが多いです。
経営者のお客さんは、その苦労がよくわかると思うので、アドバイスもしつつ送り出してあげてください。

キャバクラの引退理由「ネガティブ編」

ネガティブな引退を想像させる線路の終わり
引退する理由もいいことばかりではありません。ここでは少しネガティブな理由で辞めていくキャバ嬢たちを取り上げていきましょう・

お金が理由で店を変える

キャバクラ店の給料システムはお店によって異なります。
自分の店の給料が安い時に、もっと待遇の良いお店に移転するケースは珍しくありません。
キャバクラ嬢が店を辞めていく理由で一番多いのは、これかもしれません。
また店によっては、支払われるはずの給料が払われなかった理滞納されたりするということもあります。
そんなお店で長く働くことはできないので辞めてしまうでしょう。

体を壊して

キャバクラ嬢は昼夜が逆転している生活なので、ただでさえ不健康なのに、大量のお酒を飲んだりタバコを吸ったりしているため、体が悲鳴をあげているケースが多いです。

そんな生活が何年も続く理由はありませんから、限界を感じて辞めていくキャバクラ嬢を多々見てきました。

イジメ

キャバクラは嫉妬と実力の世界ですから、出る杭は打たれます。
そのため、いじめはつきものです。

そのイジメに耐えられなくなったキャバクラ嬢は、次第にフェードアウトしていきます。
都心のキャバクラは特にバチバチしているので、要注意です。
アットホームなキャバクラに勤めたいなら、地方のお店に勤めると良いでしょう。
地方の店はスナックのような雰囲気なので、わきあいあいとしています。

心を病んで

先ほど紹介した「イジメ」から派生する側面もあるのが「心を病んでしまうこと」です。
キャバクラは人間関係が狭い職場なので、深刻な相談を仲間に漏らすわけにはいきません。

そこで外部の友達に相談しようとするのですが、昼の仕事をやっている友達とは疎遠になりやすく、結局相談できない日々が続きがち、、、。 誰にも弱音を吐けないまま孤独感ばかりが募ってしまい、うつ病などの心の病にかかってしまう場合があります。

こうなると、キャバクラをやめるだけにとどまらず、実家に出戻ってしまったり、最悪自殺の可能性もあるのです。

面倒な客

キャバクラ嬢からすると、熱心に通いつめてくれるお客さんは太客で助かるのですが、それが行き過ぎるとストーカー化することがあります。
ストーカーにはならなかったとしても、店の中での遊び方が極端に汚かったりすると、面倒くさいこと請け合いです。
そんなお客さんに嫌気がさして、店を辞めていくケースもあります。

年齢を重ねる

年齢を重ねたことを理由に、辞めていくキャバ嬢も多いです。

ナンバーをとり続けているキャバクラ嬢は、30歳に差し掛かってもお店が引き止めることがありますが、並のレベルのキャバクラ嬢は20代半ばから後半が引退時といったところでしょう。

キャバクラからソープやヘルスに流れたり

「借金で稼ぎが追いつかない」「ナンバーが取れなくて結果が出せない」「ホストにはまってお金が足りない」などなど、、、

このような理由で思うように稼げないキャバクラ嬢はソープやヘルスに流れることが多いです。 いわゆる風俗に勤めるほうがキャバクラ嬢より手っ取り早く稼げるため、人気のある仕事になっているようです。

彼氏が「辞めさせろ!」

付き合っている彼氏が「キャバ嬢を辞めろ!」と怒り奮闘して、しぶしぶ辞めるケースもあります。

時には、お店まで怒鳴り込んできて「辞めさせろ!」と言ってくるケースもあるんだとか。
これは、彼氏に内緒でキャバクラに勤めているときに多いケースです。

家族が「辞めさせろ!」

キャバクラで働いていることを家族に内緒にしているキャバクラ嬢もいます。
家族にキャバクラ勤務がバレてしまって、泣く泣く退職を余儀なくされる場合も多いです。

この場合も、家族がお店まで怒鳴り込んでくる場合もあります。 お店側からしても、キャバクラ嬢の親御さんから辞めさせるように言われたら、認めるしかありませんね。

キャバクラは辞めたあとに戻ってくる確率も高い

キャバクラは出戻り率は高い
前述したような理由で辞めていくキャバクラ嬢ですが、実は出戻りする率も高いんです。

離婚、昼職に馴染めない、やっぱりお金が欲しいなど、その理由は様々です。

キャバクラの出戻り率No.1は沖縄

47都道府県のうち、キャバクラ嬢の出戻り率ナンバーワンは沖縄だと言われています。

・・沖縄は離婚率ナンバーワン 沖縄は離婚率ナンバーワンだから、離婚してシングルマザーになったキャバクラ嬢が子供を食わせるために戻ってきます。

・・沖縄は失業率もナンバーワン ちなみに言うと、沖縄は失業率もナンバーワンです。

キャバクラで働いている女の子は高学歴ではないことが多いため、再就職は難しいです。
そのため、就職を機に辞めた女の子が、失業を機に戻ってくるケースがあります。

近年増えている30代、40代、50代のキャバクラ嬢

熟女に需要があるキャバクラ
出戻りするキャバクラ嬢が多いと言っても、ある程度年齢を重ねていると戻りづらくなるのが普通です。

しかし、最近は30代のキャバクラ嬢も増えているため、カムバックしやすくなっています。 それどころか40代や50代のキャバクラ嬢も見かけるようになりました。

需要がある熟女キャバクラ嬢

高年齢のキャバクラ嬢に需要なんてあるのかと思われがちですが、求めているお客さんが増えています。

彼女たちの魅力は、「包容力」「優しさ」「安心感」です。
これらは、若いだけのキャバクラ嬢にはない魅力となっていて、一度癒されるとハマってしまうお客さんが続出しています。

若いキャバクラ嬢は、「私たちは若さが武器だから」なんて油断して構えていると、固定客を持っていかれるかもしれませんよ。

ポジティブな気持ちで次へ

今回は、キャバクラ嬢が店を辞める理由に焦点を当ててみました。
こうやってみてみると、納得できる理由が多く、奇をてらった理由はなかったように思います。
そして、出戻りするキャバクラ嬢が多いのも最近の傾向で納得行く理由がわかりした。
一度キャバクラ嬢としてスポットライトを浴びると、抜け出せなくなる仕事なのかもしれません。

みなさんも辞める際はできればポジティブな気持ちで次へと進んでください!

辞めた後のお客さんとの付き合い方について載せた記事です。
合わせてコチラも参照してみてください。

辞めるときの方法について載せた記事です。
合わせてコチラも参照してみてください。
follow me

クリアジョブマガジンの公式Twitterを開設しました!是非フォローしてくださいね♪

Twitterでフォローする
LINEお問い合わせ

お仕事、店探しのお悩み、その他ご質問がありましたら何でもお気軽にご相談ください。
クリアジョブの運営がしっかりとサポートさせて頂きます!

LINE@で相談する
よく読まれている記事
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
エリア