キャバクラ面接はどんな感じ?初めてのキャバクラ面接!!一日体験入店もしてみよう

2018-09-20 キャバクラ

  1. キャバクラの面接に必要な準備
    1. 服装
    2. 髪型
    3. 化粧
    4. 履歴書
    5. 時給
  2. 1日体験入店をしてみよう
  3. お店に面接に行ってみよう
「キャバクラで働いてみたい!」と思っているそこのあなた。
キャバクラで働くきっかけは、スカウトや既に働いている友人の紹介も等もありますが、多いのは自分で求人雑誌を見て電話をして面接に行くことでしょう。
キャバクラの面接…何を着ていけばいいのか、髪型はどうしたらいいのか、履歴書は必要か等、疑問がいっぱいで不安だと思います。 そこで、今回は「初めてのキャバクラ面接!!一日体験入店もしてみよう」という題名で書いていきますね。

キャバクラの面接に必要な準備

準備

服装

本来、アルバイトの面接でも正社員の面接でも今はスーツを着る人が多いです。
やはり、正装ということでお店側・会社側の印象も良くなるからでしょうね。
では、キャバクラの面接もスーツで…と、いうわけにはいきません。
キャバクラは面接で女の子の時給が決まります(時給については後で説明します)ので、なるべく自分がいつもより可愛く綺麗に見えるような服装をしていく必要があります。

ポイントは、自分の自信がある部分を強調することです!!例えば、胸が大きい女の子は少し恥ずかしいかもしれませんが胸を強調した服装をします。
少し谷間が見えるくらいでいいです。足が綺麗な女の子は、ミニスカートやショートパンツで綺麗な足を見せつけましょう。
少しでも自分をいい女と思わせる事が必要なのです。もちろん、スニーカーではなく、ハイヒールで女らしくいきましょう。

髪型

 髪型は服装に合わせて、キチンとセットします。
洗いざらしではなく、コテで巻いたり、アップヘアにするのもいいでしょう。
余裕があれば美容室でセットしてもらうのが望ましいですね。

化粧

キャバ嬢のイメージ…お化粧が濃い目! だと思います。それは、お店の照明がやや暗めだからです。
面接もお店で行うことが多いので、いつものメイクよりやや濃い目のメイクで面接に臨みましょう。

履歴書

基本的にキャバクラは履歴書はいりません。
面接のその場で、お店側が用意したシートに氏名や住所等を書くことになります。顔写真も不要です。

時給

面接時には、どのくらい時給が欲しいのか聞かれます。
そして、お店側と交渉することになります。時給の相場は地域によって違いますが、おおよそ2500円くらいがキャバクラ未経験者の平均時給でしょう。
ですが、特別に可愛かったり、お店側がこの女の子は人気者になる!と判断した場合には未経験者でも高い時給が提示されることもあります。
時給を高く提示されるためにも、どれだけいい女にみせるかが勝負なのです。

1日体験入店をしてみよう

1日入店
メイクも服装もばっちりで戦闘態勢なあなた!
面接だけで帰るのはもったいないです。
ぜひ、一日体験入店をしてみましょう。
一日体験入店とは、その名の通りその一日だけ面接をしたお店で、キャバクラ嬢として働いてみることです。
もちろんお給料ももらえます。
手渡しで帰る時に、渡してくれるところが多いです。ドレスや靴はお店のものを貸してもらえます。
一日体験入店、略してタイニュウ、イチタイなんて呼ばれたりします。

一日体験入店は、お店の雰囲気や、他の女の子の雰囲気、お客様の年齢層等を知ることができるため、入店前には一度しておくことを強くおすすめします!
また、自分をお店側にアピールする絶好の機会でもあるので、ぜひ、チャレンジしてみましょう。

一日体験入店で、気をつけなければいけない点は、お酒をのみすぎて潰れないこと。 緊張のあまり、他の女の子のお客様の席でお酒を飲み過ぎて酔っぱらいすぎて潰れてしまう子がいますが、もちろんご法度です。これは、自分で気をつけることができる部分ですね。

次に、他の女の子を指名しているお客様に自分をアピールしすぎないことです。キャバクラには指名という制度があり、どれだけ指名を多くとるかでお給料が変わります。 他の女の子とのいざこざを避けるためにも一日体験入店では、他の女の子の機嫌を損ねないようにするのも大切です。
もちろん、入店してからは、勝負の世界なのであまり遠慮がちにならなくても良いとおもいますが…。
どうやって、指名を取れるようになるかのお話はまた別の機会にしたいと思います。

一日体験入店で何よりも大切なことは、一人のキャバクラ嬢として一生懸命接客することです。 お客様は、女の子が一日体験入店のキャバクラ嬢でも何年も在籍しているキャバクラ嬢でも、同じお金をだしてお酒を飲みます(指名料は別ですが)。
もちろん、お客様とお話をするのも、お酒を作るのも、煙草に火をつけるのも慣れてないでしょうから、最初からうまくなんてできないのは当たり前なのです。
けれど、心はプロのキャバクラ嬢になりきりましょう。

お店に面接に行ってみよう

以上、キャバクラの面接から一日体験入店までを駆け足で説明しましたが、

「キャバクラ嬢になってみよう!」

と思っているあなたの不安は少しでも解消されましたでしょうか?

テレビで見ているほど怖い世界ではないので、一度勇気を出して気になるお店に面接に行ってみてくださいね。


夜のお仕事の面接に受かるために気をつけるべきことについてまとめた記事です。
合わせてコチラも参照してみてください。

キャバクラの面接から体験入店まで流れを解説した記事を載せています。
合わせてコチラも参照してみてください。
follow me

クリアジョブマガジンの公式Twitterを開設しました!是非フォローしてくださいね♪

Twitterでフォローする
LINEお問い合わせ

お仕事、店探しのお悩み、その他ご質問がありましたら何でもお気軽にご相談ください。
クリアジョブの運営がしっかりとサポートさせて頂きます!

LINE@で相談する
よく読まれている記事
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
エリア