キャバクラで働きたいけど、派閥が怖い!?派閥のタイプ3種類とそのメリット、デメリットについてご紹介

2019-11-11 キャバクラ

  1. 派閥とは一体何!?
  2. キャバクラの派閥その1 純粋に仲良しなグループ
  3. キャバクラの派閥その2 古株VS新人
  4. キャバクラの派閥その3 ナンバー嬢同士の争い
  5. 派閥があるデメリット
  6. 派閥があるメリット
  7. まとめ
いざキャバクラで働き始めようとしたもののお店の雰囲気がよどんでいる…想像していたよりも女の子同士の雰囲気が悪い…なんてことありませんか。
また、キャバクラを移籍したものの、以前のお店に比べて居心地が悪いなんてこともあるかもしれません。

そのすべては、もしかしたら“派閥”が原因で引き起こされているのかもしれません!
そもそも“派閥”とはどういうものなのでしょうか。さらに、“派閥”はデメリットばかりの印象があるかもしれないですが、実はメリットも存在するのです。 そこで今回は、キャバクラの“派閥”について徹底解説していきます!!

派閥とは一体何!?

派閥に困るキャバ嬢

キャバクラのイメージと言えば女の子同士が仲良くないというのが強いかと思います。その原因が“派閥”によるものがほとんどなのです。ではその“派閥”とは何なのでしょうか。

簡単に言うならば、派閥とはキャバクラ内での仲良しグループのこと。 学生時代の記憶をさかのぼってもらうといいのですが、よく女の子は4~6人くらいのグループで別れて行動していませんでしたか?女の子はいくつになってもグループを作りたがります。そしてそのグループ以外の女の子とはあまり会話をしないし時として悪く言い合うこともあります。

キャバクラの場合、この仲良しグループで固まって行動する理由はただ純粋に仲良しということだけではないのが怖いところなのです。キャバクラは、個人個人の売り上げによってその月のナンバーが決まりお給料も変わるので女の子たちの心中も複雑なものになります。派閥には大きく分けると3つの種類があります。それぞれ詳しく解説していきます。

キャバクラの派閥その1 純粋に仲良しなグループ

仲良しグループのキャバ嬢

歌舞伎町や六本木にある5本の指に入るような高級店では稀ですが、それ以外の大衆店ではよくあります。仕事抜きで、“気があう”“話が盛り上がる”“年齢が近い”などの理由で純粋に仲良くなるパターンです。
このパターンの場合、仕事の後や休日にも派閥のメンバーで遊びに行くことが多くなるので、自然と営業中も一緒の卓に付くとやりやすいというメリットがあります。

キャバクラの派閥その2 古株VS新人

古株に苦労する新人キャバ嬢

同じ店に長くいる女の子と入ったばかりの女の子で分裂しているのもよくある派閥のひとつです。長く同じお店で働いている女の子たちにとって、固まっている地盤が崩れてしまうのが一番嫌なことです。なので新人が入ってきたときに、より一層古株の結束が強くなることもあるくらいなのです!
例えば、元気よく挨拶をしても冷たい態度を取られたり無視されたり…同じテーブルに着いた時には、新人の女の子が分からない話をしたり…そういう行動に出ます。

お客さんの中には新人キラーのようなタイプの人もいます。そういうお客さんの存在が古株VS新人の構造を作ってしまっているひとつの原因とも言えます。

キャバクラの派閥その3 ナンバー嬢同士の争い

ナンバー嬢同士の派閥

キャバクラは先ほども言いましたが、個人の売り上げによってその月のナンバーが決定します。ナンバー常連の女の子たちにとって、どの女の子と仲良くなるかというのはすごく重要なことになります。
人気のある女の子は、営業中に何人ものお客さんを呼ぶことになります。当然、何卓もの指名が被ることになります。その時にヘルプとして席についてもらうのが、別のキャバ嬢になります。
仲が悪い子がヘルプに付いた場合、自分のことを落としかねませんよね。お客さんに「あの子はみんなに色恋だよ~」とか言いかねません。
なので、仲の良い自分の派閥の女の子を増やして、ヘルプについてもらおうとするのです。結果、ナンバーの女の子同士の派閥というものが生まれてしまうのです。

派閥があるデメリット

デメリット

派閥があることでデメリットというのが生まれてくるというのは、なんとなく分かっていただけたかと思います。
派閥以外の女の子とは仲良くできない雰囲気が漂うので、お店の雰囲気は悪くなります。当然お客さんにもその悪い雰囲気は伝わるでしょう。

さらに、女の子同士の足の引っ張り合いも起きるでしょうし、女の子同士でいじめが発生する可能性も否めません。派閥色が強いお店は、働きにくいお店が多いことも事実になります。

派閥があるメリット

メリット

マイナスのイメージばかり抱かれてしまう派閥ですが、きちんとメリットも存在します。これを読めば、派閥のイメージも大きく変わっていただけるかと思います。

いくら仕事とはいえ、一匹狼で働くことほど味気ないものはないですよね。キャバクラこそそうです。キャバクラは基本的に自分1人で売り上げを伸ばしていく孤独な職業でもあります。なので、ストレスもたまりやすいのですが、派閥のメンバーがいることで心の支えになるという面もあります。派閥のメンバーで飲みに行ったり買い物に行ったりすることでストレスが発散されるのは事実です。

また、モチベーションが下がってしまったときも、派閥の仲良しな子がいると、その子が悩みを聞いてくれることもあります。キャバクラで出会った子でも一生の友達になることだってもちろんあります。私にもキャバクラの友達でお店が変わっても仲良くしている女の子が何人もいます!派閥は何も悪いことばかりではないのです。

まとめ


キャバクラの“派閥”いかがでしたでしょうか。ほとんどのキャバクラにはこの“派閥”が存在しますのでうまく付き合っていく必要があります。 しかし、派閥はデメリットばかりではなくメリットもきちんと存在しています。キャバクラというなかなか人には相談しにくいこともある中で、同じお店で働いている女の子と仲良くなれば、相談し合え、より深い付き合いができるようにもなります。派閥とうまく付き合って楽しいキャバ嬢ライフを送りましょう!
合わせてこちらの記事もご覧ください。
follow me

クリアジョブマガジンの公式Twitterを開設しました!是非フォローしてくださいね♪

Twitterでフォローする
LINEお問い合わせ

お仕事、店探しのお悩み、その他ご質問がありましたら何でもお気軽にご相談ください。
クリアジョブの運営がしっかりとサポートさせて頂きます!

LINE@で相談する
よく読まれている記事
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
エリア