キャバクラ嬢の1日の過ごし方とそのスケジュール

2018-09-09 キャバクラ

  1. 12時 起床
  2. 13時 お礼メール&営業メール
  3. 14時 筋トレ&軽い運動
  4. 15時 シャワー&メイク
  5. 17時 家を出発
  6. 18時半 同伴
  7. 21時 出勤
  8. 時間の使い方が上手な人
華やかな夜の世界で生きるキャバ嬢。
しかしその実態は、働いてみないとわからないこともたくさんありますよね。

「キャバ嬢って一体何時に起きるの?」
「キャバ嬢って何時に寝るの?」

一体キャバ嬢ってどんな1日をどんなスケジュールで過ごしているのでしょうか。
大学生キャバ嬢、OL業と兼業しているキャバ嬢、専業のキャバ嬢ではスケジュールは変わって来ますし、朝キャバ、昼キャバ、夜キャバでも1日の過ごし方は大きく違います。
今回は、著者が過去、夜からキャバクラで専業で働いていた時の1日のスケジュールを振り返ってご紹介したいと思います。

12時 起床

新聞と目覚まし時計
だいたい、このくらいの時間帯に起きます。前日に帰ってくるのが遅い日でも、なるべく昼には起きるように心がけていました。

夕方過ぎまでダラダラ寝てしまうと、仕事とプライベートのバランスが悪くなってしまうので、昼に起きてニュースを一通りチェックしたり、新聞を読んだりする時間を意識して作るようにしていました。
仕事ばかりしてインプットを疎かにしていると、世間で何が求められているのか感度が鈍くなってしまうので、日々新しい情報を仕入れる事は大切だと思います。

13時 お礼メール&営業メール

営業メール
サラリーマンのお客さんは昼食休憩をとるタイミングで、スマホや携帯を確認する人が多いので、そこに合わせて前日来て下さったお客さんへのお礼メールやラインを送っていました。
また、午後に向けて指名のお客さんへの営業メールの文章を作成して送っておきます。

起きる時間が遅いので、朝食兼昼食は同伴がない日には食べていましたが、同伴がある日はぬくか、食べたとしても太らないよう、カロリーを考えて軽めにしていました。

キャバ嬢は不規則な為、どうしても太りやすくなるお仕事なので、日々気をつける必要があります。

14時 筋トレ&軽い運動

ランニング
家で簡単な運動や筋トレをします。
真夏でなければ、外に軽くジョギングに行くことも。
食事コントロールだけでは体型を管理するのは難しいし、太陽の光を浴びるのは気持ちが明るくなるので、夜遅くなりがちなキャバ嬢だからこそ、大切かもしれません。

お客さんに買ってもらった美顔ローラーで顔をマッサージしたりします。

15時 シャワー&メイク

メイクアップ
お風呂に入って、外に出かける為に軽く化粧をします。 2008年頃は、つけまつげを重ねづけしたりする派手めなメイクが主流でしたが、最近はナチュラルメイクが流行しているのでつけまつげは使わず、マツエクをしている人が多いです。

ちなみに余談ですが、二重手術はオススメです。 二重はやっぱり顔の印象をぱっと華やかにするし、アイプチは夜遅くなるにつれてとれたり、白く浮いたりしてしまうので、二重整形はメイク時間の短縮にもなって楽です。

お客さんに目をじっと見つめられても、アイプチがバレないかドキドキしなくなるのでプチ整形はキャバ嬢にはアリだと思います。

シャワーとメイクが終われば少しゆっくりします。
好きなアイドルのDVDを観たり、録画してあるドラマを視聴したりなど、出勤前に趣味を楽しむようにすると、仕事がはじまる前にテンションをあげられるので、暗い気持ちで仕事することがなくなります。

17時 家を出発

外出
家を出る前に、お昼に送ったお礼&営業メールで返信があったお客さんに返事を返します。 また、お客さんによっては電話をかけて営業をかけます。

返事を返した後は、家を出てお店に向かいます。
2週に1度位のペースでネイルを交換してもらったり、マツエクをつけにいったりすることもあります。

同伴がある日とない日で出発時間は変わり、ない日は1時間位遅いです。
今回は同伴があるスケジュールを書きたいと思います。

18時半 同伴

同伴
お客さんと待ち合わせして、だいたい食事にいきます。
仲が良い指名のお客さんだと、買い物に連れて行ってもらう事もあります。
アクセサリーを買ってもらったり、鞄を買ってもらったりすることもあれば、日用品を買ってくれる人なんかもいました。
ドラックストアでコンタクトレンズの洗浄液とかコットンとかをまとめ買いすると結構お金がかかるので地味に助かりました。

同伴をするときは待ち合わせ場所はわかりやすい場所を心がけて、なるべく待ち合わせで時間がかからないようにするといいでしょう。
お客さんと食事をするお店は、すしざんまいが圧倒的に多かったです。
後は焼肉なんかも人気があり、お肉を焼いてあげたりしながら一緒に食べると距離が縮まった経験があります。

経験的に、男性は女性よりも好き嫌いが激しい人が多いんですよね。
そういう意味ではお寿司と焼肉は鉄板です。

同伴がない時には19時には出勤します。
ノルマや罰金のないお店もありますが、遅刻をするようなキャバ嬢は正直言って稼げません。
時間はきっちり守って行動するといいと思います。 指名のお客さんがその日何人来るかをある程度メールで把握して、その日の席のまわりかたを脳内で少しシミュレーションしておきます。

21時 出勤

出勤
同伴した後はお客さんと一緒に出勤します。お店では、指名のお客さんが来てくれたら接客したり、いないときにはヘルプについたりしながらだいたい0時ごろまで働きます。

お店の営業時間が終わってから行くアフターは、同伴ほどお店にするように言われないので、よほど太いお客さんでなければ断ることも。

アフターはカラオケに付き合ったり、バーに行くことが多いです。 2人きりでのアフターはなるべく避けて、断れないお客さんの時は仲の良いキャバ嬢に頼んで一緒に行ってもらったりします。2人きりだと良くない考えが頭によぎるお客さんも中にはいるので……。
アフターがあると、家に帰ってくるのは朝方位です。

営業時間が終われば、終電があれば電車で帰宅します。
終電がすでに終わっている時は、送りの車で家まで送ってもらいます。アフターがなければ家に帰ってくるのはだいたい2時位。

どんなに酔っていたり疲れていたりしても、お風呂に入ってメイクを落とすことだけは徹底してやります。
帰りの電車や、送りの車の中でおやすみメール&LINEを作って送信し、返事があれば2往復ほどやりとりを続けます。

お風呂とスキンケアが終わったら次の日もあるので就寝。
お酒を呑んでると寝付きが悪くなりがちなので、寝つきが良くなるようにアロマ加湿器を焚いたり、簡単にベッドの上でストレッチをして肩をほぐしたりするといいと思います。

時間の使い方が上手な人

いかがでしたか?

キャバ嬢も、だらだらとした生活をしていると生活が荒んでしまいます。
夜の仕事であってもなるべく規則正しい生活をした方が、精神的に不安定にならなくなります。
夕方に起きて、バタバタと仕事に行ってを繰り返していると、仕事以外に出来る事がなくなり、何のために働いているのかわからなくなっていまいがち。

その上、ホストにハマってしまうと稼いだお金を片っ端から使ってしまうことにもなり、キャバ嬢を辞めた時になにも手元に残りません。
酒焼けと酒太りで容姿がかわってしまったり、夜に寝れなかったり、生活習慣の乱れで苦しんでしまう人もたくさんいます。

稼げるキャバ嬢は時間の使い方が上手な人がほとんどです。 お客さんは、朝起きて昼にお仕事をしている人が多いので、昼間に連絡ができると他のキャバ嬢よりも営業しやすくなり、指名がとれやすくなります。

どうせキャバ嬢をするなら、稼げるキャバ嬢になって自分の中にある目標を達成したいですよね?

その為には

1. 寝坊しない
2. 夜更かししない
3. 遅刻しない

を心がけて、お仕事をするとお仕事そのものも楽しくなるのでいいと思います。

以上、キャバ嬢の一日のスケジュールとその過ごし方でした。


また、キャバ嬢の1日についてさらに詳しく知りたい方はコチラも参照してみてください。
follow me

クリアジョブマガジンの公式Twitterを開設しました!是非フォローしてくださいね♪

Twitterでフォローする
LINEお問い合わせ

お仕事、店探しのお悩み、その他ご質問がありましたら何でもお気軽にご相談ください。
クリアジョブの運営がしっかりとサポートさせて頂きます!

LINE@で相談する
よく読まれている記事
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
エリア