キャバクラ嬢がホストクラブにはまる原因とは!?ホストにはまってしまう前に知っておくべきこと

2018-12-15 キャバクラ


  1. 癒されたい~意外とストレスの多いキャバ嬢~

  2. こんな理由も!支配欲求とは?

  3. ホストクラブにはまらないようにするには?

  4. ホスト通いをやめるには?

  5. それでもやめられなかったら?

  6. ストレス発散の場を作ろう


一昔前のホストクラブは、お金持ちのマダムや彼氏のできない女の人が通っているイメージでした。

しかし最近は売れっ子キャバ嬢がホストにはまってしまい借金苦に!なんてよく聞く話。

実はキャバ嬢のほうが他の仕事の人よりもホストにはまりやすい傾向にあるんです!
どうして稼げるキャバ嬢がホストにはまってしまうのか?
その原因と対策をお伝えしていきます。

癒されたい~意外とストレスの多いキャバ嬢~


キャバ嬢をいやす天使
キャバ嬢が、お客様や昼の仕事をしている友人に何気無く言われることのひとつ。

それは・・・「夜の仕事って綺麗に着飾ってお酒飲んでいれば、すごく稼げるんでしょ?いいよね~」

夜の仕事をされてる方はこう思うことでしょう。
「ふざけんな」と。

実際、お客様を接客するキャバ嬢はかなりストレスが多い仕事です。
例を挙げますと・・・
初対面の人にボロクソ言われる
女の子同士での派閥やいじめ、嫌がらせ
売上やノルマがあり店からプレッシャーをかけられる
良いお客様だと思ってた人がある日突然ストーカーへ変貌
ネットの掲示板にプライバシーを無視された誹謗中傷の書き込みが・・・

大体キャバ嬢を一年もやれば、ここに書いてあることはほぼ経験するでしょう。

ストーカーなんて・・・怖いですよね。
特に最近、インターネットやSNSの発達により増えているのが、掲示板への誹謗中傷。
実はこれ私もやられたことがあります。

同じ店に何人かプライベートでも遊ぶ仲の良い子達がいたのですが、ある日、店の掲示板を見るとその子達に話した内容が書かれていたんです。
その後も悪口や、酷いときは個人情報がガッツリ書かれていたりもしました。
自分は友達だと思ってた人しか知りえないことが書いてあったりすると、人間不信になりますね。

そんな様々なストレスから、仕事が終わる深夜には心はボロボロ。

そのまま朝までやっているホストクラブへ、愚痴を聞いてもらうのを口実に行ってしまう。

そこはホストもプロなので、仕事であった嫌なことはすべて忘れさせてくれるでしょう。
こうして毎日のように、仕事が終わるとホストクラブへ通うようになるのです。

こんな理由も!支配欲求とは?


お金で支配する
『支配欲求』こんな言葉を聞いたことはありませんか?

昔は男性に多い欲求と言われておりました。
例えば、仕事でストレスの溜まった男性が、キャバクラなどで若い女の子にお金を使います。

そして喜んでいるのを見て「自分のほうが格上だ、金で支配している」などと思う事で欲求を満たすことです。

最近では草食系男子や肉食系女子なんて言いますが、女性もこの欲求が強くなってきたよう。
高いお金を払ったら、ホストが全員でちやほやしてくれる。
いくらでも飲んでくれるし何でも自分の言うことを聞く。
ホスト達を自分より下に見て気分を良くしているのです。

「私はそんな下品な飲み方してないし、指名ホストと二人で静かに飲んでいる」という方。
何も命令するばかりが支配欲求を満たすことではないのです。
ホストはうま~く下手に出て貴方をおもてなししてくれていますよね?
それが物凄く心地良い、気持ち良い、と感じるのならあなたもすでに支配欲求に満たされていると言っていいでしょう。

ホストクラブにはまらないようにするには?


魅惑のホストクラブ
ホストクラブにはまらないようにする方法で「これは確実です」といえる答えは1つしかありません。

ホストクラブへ行かない事です。

でもキャバ嬢をやっている以上、一回も行かないと言うのはなかなか難しい問題だと思います。
実は私がキャバクラで働くことを決めた時に姉に1つだけ言われたことがあるんです。
「働くのは良いけどホストクラブにだけは絶対いかないで!!」と。

実は昔、姉の幼馴染で親友の子が大学に行きながらキャバクラで学費を稼ぐことに。
しかしホストにはまって、学校をやめたうえに多額の借金ができたのを見てきたんですね。

私はお気楽に「絶対行かないって~!ホスト好きじゃないし!!」って言っていました。
しかし、いざ入店すると仲良くなったお店の先輩に「飲みに行こう♪」って毎回連れて行かれるのが、ホストクラブでした。
良くしてくれる先輩だと断れないですよね。

また、指名客の男性にアフターで「ホストクラブへ行ってみたい」なんて言われることも。
結局働きだして1ヶ月で6回も連れてかれました(^-^;
仕事が終わったあとも朝まで空いてるお店が少ないっていうのもありますね。

とにかく、キャバクラで働くと自分では行く気は無くてもホストクラブへいく確立はあがります。

ホストクラブへ行った後で、はまるか、はまらないかはその人次第なのです。
はまらない対策というものは、なかなかありません。
自分がホストクラブにはまってしまったら、その後にどう行動するか、が大切です。

ホスト通いをやめるには?


恐ろしいホスト
この記事を読んでいる方の中には「もうホスト通いはやめたい!」と思われている方もいるでしょう。

逆に、「ホスト通いは幸せだからやめるつもりはない!」と思われてる方もいますよね。
でも、ちょっと考えてみてください。
ホストクラブにいる時は幸せだけど、家に帰ったら虚しさが残る方。

気がついたら稼いだお金を全てホストにつぎ込んでいて、最近自分にお金を使った記憶がない方。
ホストへ行くために一生懸命働いている方。

この記事を読んでいるということは、心のどこかで「やめたいな・・・」と思われていますよね。

そんな方たちに試してほしい、ホスト通いをやめるのに有効な手立てをご紹介します。
まずホストクラブへ行くのを二週間だけ我慢してください!
たった二週間です。

そして仕事が終わりましたらキャバクラから家へ直行しましょう!
帰宅後は、なるべくたっぷり就寝してください。
翌日から昼間は活動的に過ごします。

・エステやマッサージなどでリラックスする
・高級な料理を食べる
・スイーツバイキングなどに行く
・ショッピング三昧!質の良いバッグや靴、洋服を買う
・お休みがとれるなら旅行へ行ってみる!思い切って海外がオススメ!
・夜の仕事以外の交友関係の人と遊ぶ(学生時代の友人など)

「えっ?ただ思いっきり遊ぶだけでいいの?」って思いますよね。

けれど、実際にホストクラブへ通うキャバ嬢の一日はこんな感じ。
仕事→ホストクラブで朝まで飲む→帰宅&就寝→身支度→同伴からまた仕事へ。

といった感じで、ゆっくり遊ぶ時間なんてないんです。
お金に余裕があるなら上に書いてあること、全部しちゃってください!
そのうち「お金があればこんなに有意義で楽しいことができるのに、ホストクラブに行ったら一晩で消える」と馬鹿馬鹿しく思うことができれば成功です。

それでもやめられなかったら?


ホスト中毒な女性
「美味しいものも食べたし、高級なバックも買ったし、旅行も行ったけど、満たされない・・・」
「行っちゃダメと我慢するほどホストクラブへ行きたい欲求が増してしまった・・・」という方へ。

私はホストクラブへ行くことが絶対にダメ!とは思っていません。
ただ、あなたがせっかく稼いだ何百万もの大金をホストに使うのが勿体ない!と思っています。

なので、やめられないのであれば今まで通りホストクラブは行っちゃいましょう!
そこで徐々に使うお金を減らします。
おねだりされても「今日はお金ないから」と言いましょう。

そうするとホストの態度が変わってきます。
あなた=お金と見ているかはそこで判断できますね。
昔のあなたなら嫌われるのが怖くてお金を使っていたと思いますが、必死に営業をかけてくるホスト、甘えてくるホストを見ていったん冷静になってください。

そして高いお金を使うホストクラブではなく、仕事帰りに気軽に一人飲みができる行きつけのバーをいくつか作りましょう。
好みのバーテンさんがいるバーや、人の良い店員さんがいるお店が良いですね。

そこで使うのは、せいぜいホストクラブで使うお金の1/10、もしくは1/100かもしれません。
それでも、常連になればお店のスタッフはとっっても感謝してくれますし、居心地が良くなります。

無理にお金を使わせてくることもありませんし、仲良くなれば友達のように愚痴を聞いてくれたりもしますよ。
ホストクラブじゃなくバーなら普通の友人も誘いやすいですしね♪

ストレス発散の場を作ろう


キャバ嬢の悩みは、家族や昼の仕事をしている友人には打ち明けにくいものです。

お仕事が終わってから一杯やるサラリーマンと同じように、あなたにも息抜きやストレス発散の場が必要だと思います。

ホスト通いが悪いこととは言いませんが、世の中には楽しいことが沢山あり、ホストが全てではありませんよ!
視野を広げてお仕事もプライベートも充実させてくださいね♪
follow me

クリアージョブマガジンの公式Twitterを開設しました!是非フォローしてくださいね♪

Twitterでフォローする
LINEお問い合わせ

お仕事、店探しのお悩み、その他ご質問がありましたら何でもお気軽にご相談ください。
クリアージョブの運営がしっかりとサポートさせて頂きます!

LINE@で相談する
よく読まれている記事
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ